• info@thankslab.biz
  • 098-860-7611 / 080-6662-0444(直通電話)

Monthly Archives: 9月 2016

飛べない鳥

Pocket

 


私の住む沖縄は、たくさんの観光資源に恵まれています。
真っ青な海に映えるサンゴ礁、琉球王国の遺産、刻まれた独自の文化など、観光地としても非常に栄えています。

その中のひとつに、天然記念物のヤンバルクイナがいます。

 

ヤンバルクイナは、有翼でありながら飛ぶことができず、世界中でも沖縄県北部のやんばる地方にしか存在しない鳥です。体長は約30cm、ミミズやかたつむりを餌とし、主に地上で生活します。夜間は樹上で休息しますが、これはハブを避ける為だと考えられています。

個体数が非常に少なく、環境省レッドリスト(絶滅危惧種IA類)に掲載されています。

 

ヤンバルクイナの死因は、マングースや野良猫、野良犬による捕食がありますが、私たち人間によるロードキルも無視できません。(ロードキル:車両に轢かれたり、排水溝へ落ちるなど、道路による影響で野生動物が死亡する事)

2016年も9月現在で、すでに31件ものロードキルが発生しており、ヤンバルクイナの生息数を減らしているのです。

 

道路が整備され、車両の横行も増え、観光地へ行くのに非常に便利になりました。

しかしその中で犠牲になっている命がある事を、しっかりと認識すべきではないでしょうか。

 

現在、ロードキルの原因究明や、ヤンバルクイナ救命の為、専用の相談ダイヤルが設けられています。

もしもあなたが、沖縄県北部のやんばる地方へドライブする際は、この窓口の電話番号を持って行く事をお勧めします。

 

 

Pocket

世界のウチナーンチュ大会

Pocket

先日台風のことをブログに書いたら本当に台風が来てびっくりしました。

呼び出した覚えはないのですが…。不思議です。

 

さて今年も世界のウチナーンチュ大会があるようで、母が参加したいといって問い合わせ内容を確認していました。

母が趣味で琉球古典をしているので演奏にも参加するようです。

一番の目的は海外に住んでいる親戚や知人に会うことだと思うのですが、この手のイベントに参加し演奏するのは、やはり演奏する人にとって意義があるのだろうと感慨深いものがあります。

 

私も一度ボランティアスタッフとして参加したことがありますが、こんなにも多くの人が関わっているのかと、びっくりしました。

観光客もいれば日本や沖縄に興味があって参加した人もいましたし、ボランティアスタッフにも海外出身の方や留学経験のある方が、自身の語学力を活かして案内係をしている方もいました。

出身も性別も年齢もみんなバラバラでしたが、あのときの一体感は忘れられません。

暑くて大変でもありましたがいつかまたボランティアやってみようかなと、思わせるものがあったのは間違いないです。

 

会場は沖縄セルラースタジアム那覇、沖縄セルラーパーク那覇、沖縄県立武道館、奥武山公園、パレット市民劇場、県立博物館美術館、自治会館等など広範囲です。

私がボランティアとして参加した時より範囲が広くなっているような?

ここまで範囲が広いと那覇市内(特に久茂地とか)は相当混むかもしれませんね。

私も以前参加した時、1時間ほど会場近くで渋滞ではまって動けなくなりました。

 

日程は前夜祭と本大会に分かれて開催されるようです。

前夜祭 : 2016年10月26日(水)

本大会 : 2016年10月27日(木)~30日(日)

 

若者のイベントとしての一面もありますが年齢関係なく参加できる大きなイベントだと思います。

また関連イベントや共催イベントなどもあるようです。

会場ではいろんな国の料理のお店が並んでいたりします。

なんというかカーニバル的空気が漂っていて楽しいですよ!

もちろん混雑があるのでたどり着くのが大変な点もありますが…。

色々気になる方は公式サイトを一度覗いてみてはいかがでしょうか。

http://wuf2016.com/jp/

Pocket

『ありコメです。^^』

Pocket

 

MILUを初めて3ヶ月。

おかげさまでLV31になりました(笑)

初めまして、さかなイルカ(偽名)です。

 

気分障害(うつ)で、A型事業所に通う事を決めた時には、想像もしていなかった展開が待っていました。

 

ゲームは好きだけど、私が好きなのはパズルゲームです。

MILUは釣り、採集、着せ替えゲーム。

  

 

image001

  

 

果たして、楽しいのだろうか?興味が湧くのだろうか?

それ以前に、私に出来るのか?

 

 

初めて、MILUを社長さんの傍で見た時、3Dの世界で目が回りそうでした。

 

「どうやって、こんな3Dをつくるのか!!!」(心の声)

 

初めて見るMILU は衝撃的でした。「今はこんな時代なんですね~、凄い!」と思いました。

  

 

社長さん:『MILUは瞬間移動も出来るよ!』

  

 

瞬時にアバターの背景が変わりました!

  

 

動かしている社長さんを見ながら

「アバターは女性だけど、社長さんは男性…(笑)』(心の声)

と、考えていると…

 

 

image002

 

 

社長さん:『MILU では性別も自由に選べるよ!』

 

「おお~!!!」とピカピカ光ながら展開する様子を、クラクラしながら、説明を受けていました。

初めて、一人でMILU を動かした時、点滅するチャットのボタンに落ち着かなかったなぁ~。

数ヶ月前が遠い過去のようです。

 

 

MILUは、オシャレするわくわく感を少しずつ思い出させてくれるゲームですね。

今迄は、生活する事を優先にして、ついついオシャレが遠回しになっていましたが、ゲームの中とはいえバディさんに調合していただいた、可愛い衣装や、クエストでGetしたエロかっこいい(ミル友にそう褒められた。)衣装を着ると、テンションも上がります。\(^o^)/

 

 

image003

  

 

釣りもレベルが上がると、全体的にパワーアップしていきます。とても釣れそうもなかった、深海魚を初めて釣った時には、ホントに嬉しかった。^^。

  

 

「毎日ワクワクして、うつが治ったら、ここに居られなくなるな~」なんて

 

image004

 

 

リアルに悩みつつ、今日もMILUで『ありコメです。』

と打ちながら、MILU の世界を楽しんでいます。

※『ありコメ』とは、「リコメありがとう」の略語です。

『リコメ』とは、リコメンドの略語で、『推薦する』という意味を持っています。
MILU
の世界では、『心温まる想い』を与えてくれたゲスト様への感謝の合図として使っています。

 

さかなイルカ

Pocket

2020年東京オリンピックで好きな競技を観戦するためには

Pocket

 

 

リオオリンピックが閉幕し、様々な感動を僕達に与えてくれました。なかでも個人的に印象に残ったのは卓球女子団体戦です。

 

 

準決勝でドイツと対戦した時、デュースまで持ち込みあと一点取れば、勝利という場面でしたが、エッジボールで逆転負けをしてしまいました。ある選手が「全責任は私にあります」とコメントしました。しかし僕は、「大丈夫だよ、よく頑張った」とねぎらいの言葉をTVに向かってかけました。そして銅メダルをかけた3位決定戦。対シンガポール戦で彼女らは、やってくれたのです。接戦を制して見事勝利!卓球女子団体は見事日本に銅メダルを持ち帰ってきてくれました。

 

 

このように皆さんも、オリンピックで様々な競技が行われ、印象に残った選手や感動した競技があると思います。そして2020年、東京でもオリンピックが開催されることになりました。一生に一度しかないこのチャンス、是非東京へ足を運んで観戦にいきたいものです。

 

 

 私は学生時代、バレーボール部に所属していたので、東京オリンピックでは男子バレーボール、そして私の大好きな卓球を観戦にいきたいのですが、日本中がチケットの取り合いになるかもしれません。どうすれば観戦することができるでしょか?少し調べてみました。

 

 

まず、競技が行われる会場です。(一部)

●新国立競技場 「陸上・サッカー・ラグビー」

●アクアティクスセンター 「水泳・飛込み・シンクロ」

●夢の島ユースプラザアリーナ 「バドミントン・バスケットボール」

●武蔵野の森総合スポーツ施設 「近代5種」

●有明アリーナ 「バレーボール」

●若洲オリンピックマリーナ 「セーリング」

●有明体操競技場 「体操」

●海の森水上競技場 「ボート・カヌー」

●東京体育館 「卓球」

他にも様々な会場で競技が行われる予定です。

 

 

そして気になる東京オリンピック観戦チケットの値段ですが金額が毎回変わるようです。チケット全体のおおよその平均価格は7,700円前後だと言われています。

 

 

今、有力な情報として以下のものが挙がってきています。

 

・開会式は25千円 から 15万円!

6割の競技のチケット料金は4,400円以下に設定されるかも…♪

・水泳などの人気競技のチケットは、最高3万円にもなる!

16歳に適用される「子供料金」チケット導入も計画中です。

 

 

★東京オリンピック観戦チケットの申し込み方法

 

 

チケットの申し込み方法は、コンビニエンスストアやインターネットを通じて販売する予定になっています。各種競技のスケジュールをチェックし、観戦したい競技の日時を見て、申し込みをするという流れです。販売の時期は開催の1年前~6ヶ月前だと言われているので、よく情報をチェックしておくと良いでしょう。

 

 

★観戦チケットで交通機関無料?

 

 

あくまで予定ですが、観戦チケットとICカードが統合して、カード1枚で公共交通期間を無料で利用できるよう計画中だそうです。そして都営地下鉄大江戸線などの主要交通機関は24時間運行になるらしいです。(沖縄県民には電車の名前に馴染みがないですよね…汗)

 

 

ちなみに東京在住の方は観戦チケットの代金のみで大丈夫そうですが、遠方からお越しの方は交通手段と宿泊費用を手配しなければなりませんので、チケットを入手したら早めの対応が良いかもしれません。

 

 

いかがでしたか?ご参考になれば幸いです。僕は友人達と観戦にいくことが楽しみで、待ち遠しいです。

 

それでは、ゆたしく、みんな元気でね^^

 

 

 

Pocket

電子媒体が好きなんです

Pocket

 

 

 
「○○さん、これコピーとっといて」

近年、そんなオフィスの光景が減ってきているように思います。なぜなら、紙に印刷する、という行為自体が減ってきているからです。

コピー用紙に印刷された「情報」は、いつどこで紛失するかもわからず、誰でも閲覧する事が可能になります。

一方、電子媒体の「情報」であれば、電車に置き忘れる心配もなく、パスワードでロックをかける事で秘匿性が高まります。また、何十年も色あせる事無く保管でき、紙資源の節約にもなる為、電子媒体を推奨する企業も多いことでしょう。

「情報」の価値が上がり、慎重に取り扱う必要が出てきた為、おいそれと印刷なんかしていられないのです。

 

もちろん、紙には紙の良さがあります。

本であれば、紙をめくる音、本の手触り、気に入ったページについた折り目。

手紙であれば、手書き文字の温かさ、便箋の香り、涙の跡。

年賀状や季節の挨拶までEメールで済ませる事が増えてきましたが、電子媒体では到底あらわせない情緒が、そこにはあるのです。

 

さて、ここまで書きましたが、筆者は電子媒体を好んで使用します。先述の通り、「情報」を保管するには大変便利だからです。

ところが、「画面をずっと見る事は視力にも悪い」「データで所持すると購入した気分にならない」「紙でなければ読んだ気がしない」など、電子媒体にはなんとなく悪いイメージが付きまとっているように感じます。

好みの問題、と片付けてしまう事もできますが、これからの時代、電子媒体を使用する事が主流になっていくでしょう。

 

新聞、書籍などはすでに電子化が始まっています。

新しい技術のマイナス面をばかりを見つめるのではなく、さらなる進歩を期待しても良いのではないでしょうか。

近い将来「紙の良さを再現できる電子媒体」なんて物も、出てくるかもしれません。

 

Pocket

目から鱗の泡盛

Pocket

 

 

 

 

20年ほど前の休日のある日。東京板橋区役所近くの沖縄居酒屋で、同郷の友人達との飲み会があった。

皆、お酒が大好きなメンバーである。「とりあえず、ビール!」の掛け声で始まった酒宴はその後、定番の泡盛へ移行。

周りの呑兵衛どもがボトルセットで泡盛を飲んでいる横で、ビール党の私だけはジョッキの中生をぐびぐびあおっていた。

 

 

程よく酔い始めた頃、故郷沖縄の酒文化の話題に移った。「昔の泡盛は不味かったよなぁ」友人の一人が呟くと

「そうそう。ホント呑めた代物じゃなかった」一同、納得の表情であった。

「でも今ではこんなに美味しくなって・・・」隣席の友人は口元に運んだ泡盛を旨そうに飲み干した。

私は、すぐさま反論した。「いや、泡盛は最低の酒だ。なんで沖縄はこんなひどい酒を造っているんだ!

世間様に恥ずかしくないのか、」云々・・・口角泡を飛ばし、もうボロクソに延々と泡盛を貶しまくった。

 

 

その時、私の発言を制して隣席の友人が言い放った。「騙されたと思って飲んでみ!」

「昔の泡盛に比べると今の泡盛は全然違うんだよ。グダグダ御託を並べずに先ずは一口飲んでから文句を言え!」

その友人が少量の泡盛をグラスに注ぎ入れて、おもむろに私の目の前に差し出した。

睨み付ける目が「飲め!」と言っている。それまでの私はその存在さえ認めず、頑なに泡盛を拒否してきた。

彼がそこまで言うのならと渋々グラスを受け取り、そーっと匂いを嗅いだ。

当然あの忌まわしい匂いが鼻を衝くと思いきや・・・なんということでしょう。

 

 

甘い芳香ではないか。警戒心も解け、ゴクリと一口飲んだ。「!!」 目から鱗が落ちた。

「エーッ、何だこれ。ウソだろ!」得も言われぬ芳醇な味わいに圧倒され、あまりの旨さに鳥肌が立った。

「旨い!」。勝ち誇った面持ちの友人がしたり顔で言った。「だろーっ、だから言ったろーが」。

あまりのギャップに動揺した。それは明らかに私が知っている刺々しい新酒の泡盛とは全く違う飲み物であった。

 

 

思い込みと先入観で泡盛を見下してきた自分を恥じた。十数年間、口にしなかった期間を悔やんだ。

と同時に終戦後、泡盛の復興に尽力されてきた各酒造所の方々の苦労を顧みず、悪口三昧、罵詈雑言を

浴びせ続けて来た事は誠に罪深く、申し訳ない思いで胸が痛くなった。素直に謝りたい。

 

 

言い訳がましいが昔は古酒の流通量が少なくて、飲む機会はあまりなかった。そもそも古酒の熟成期間中は

在庫であり、零細の酒造所では経営を圧迫しかねない。手っ取り早く換金できる新酒販売に、力を注ぐのは

至極当然の成り行きであった。当時の新酒はいわゆる3Kの「キツい」「クサい」「クセが強い」で若い世代や

女性層に敬遠されていた経緯もあった。

 

我が口中に感動と衝撃を与えた泡盛のボトルラベルをまじまじと眺めた。

『菊の露・VIPゴールド8年古酒』。

その時、ある記憶が走馬灯のようにほろ酔い加減の頭の中を駆け廻った。

 

 

上京する数年前、首里の実家で地元紙の琉球新報に目を通していた。一面の下段に「金口木舌」なるコラムがある。

何気に読み耽っていたのだが、我が生まれ島である宮古島に関する文面だったので、つい興味をそそられたのだった。

東京大学17代総長・茅誠司氏を取り上げた内容で、昭和36年、講演で沖縄を訪れた際のエピソードを

紹介する記事だった。脳裏の片隅に焼き付いていた印象深い文章の断片が不意に蘇ってきたのだ。

 

 

「沖縄の泡盛、ここに極まれり。」

財団法人沖縄協会会長を歴任、沖縄病に取り憑かれ泡盛の大ファンを自認する氏は、本島から離島のあらゆる酒造所の

泡盛を呑み比べた末、「宮古島の名酒・菊の露」をこう評して、最大限の賛辞を贈ったのだった。

遠い記憶の縦軸と、眼前のボトル名の横軸が交錯した瞬間、「なるほど!そういう事だったのか」思わず膝をポンと叩いた。

合点が行った。茅総長はきっと、この「菊の露の古酒」を呑んで虜になったに違いないと確信した。

 

 

若い頃は、よく飲んだ。酒豪と言われる連中に、妙な対抗心を燃やしトコトン酒席に付き合った。お蔭で酒に纏わる

失敗は、枚挙に暇がない。後悔や反省はすれども、学習しないので教訓にもならない。恥ずかしくて、とても口に出来ない

失態や封印したい過去が山ほどある。

 

 

大好きな酒とは長く付き合いたい。無理して深酒が原因で体を壊してからでは元も子もない。

健康体だからこそ酒を美味しく飲めるのだ。酒席でのマナーやルールを守り、節度を持って酒と向き合いたい。

泡盛愛好家の端くれになった今ではなるべく量を控え、ちびりちびり呑むように心掛けている。

 

 

クース(古酒)を呑むときは、古酒本来の深い香りを五感で感じ取るよう、ストレートをお猪口で舐めるように味わっている。

勿論、横にはチェイサー用のグラスを添えて。共に酒を酌み交わす友人や仲間達との会話を楽しみつつ、

周りに迷惑を掛けないよう、スマートに呑みたいものである。近頃、「呑む」から「嗜む」へ、意識を変え始めたばかりである。

 

 

よく「酒は百薬の長」と言われるが、酒は万病の元である事も決して忘れてはいけない。

心して、自戒を込めてこの言葉を肝に銘じたい。

 

 

「酒は三献に限る」。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

台風による体調不良の話

Pocket

 

 

 

 

沖縄といえば台風。最近なかなか来ないですが、毎年いつも直撃があったのでここ最近は肩透かしにあったような気分です。

ちなみにタイトルに『体調管理』とありながら、なぜ台風の話かというと台風や天候で体調を崩す人が多々いるからです。

 

 

かくいう私もそんなタイプで偏頭痛が出たりお腹の調子が乱れたりし、大変だったことがあります。気圧で自律神経が乱れてしまい調子を崩してしまうからです。

以前は天候が悪いというだけでそのまま体調を一気に崩していたこともあるので、そうならないためにはやはり規則正しい生活をしていくことが重要なんだろうなと思います。

ただ一度偏頭痛が出てしまうと早めに治すというよりも、じっくり休んでからコントロールしていく方がいいようですが、社会人の場合はそうはいかず、出勤率が下がってしまったり会社に迷惑をかけるのではないかと気落ちしてしまったりなどの心配がでてきます。

 

 

最近は偏頭痛も落ち着いてきたので偏頭痛が出ても薬を飲んで休んでいたら改善されるようになり、自身でコントロールできているのかなと思います。

ちなみに偏頭痛は加齢によって軽減するといわれたことがあります。

一番よく効く頭痛薬はそのまま寝てしまう可能性があるので服薬には気をつけたいところです。

 

 

自律神経が乱れ、生活リズムの改善だけではどうしようもないときは漢方薬で改善される(ただし値段が高くてなおかつ効果が出るのに結構時間がかかります)こともあるので、自律神経が乱れてるのかなと思ったら漢方薬を服用してみるのも手だと思います。

 

話は変わりますが、最近、社内の人たちと大分話すようになりその格好イイね!っていってもらえるようになって少々照れくさいですが、コミュニケーションがちょっとずつ取れるようになってきて良かったなと感じます。

では、失礼致します。

 

 

 

 

Pocket

1 2 3 4 5 6 7

Style Switcher

Choose Colors